自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


呼吸器

 

自律神経失調症で、呼吸器の異常は何があるでしょうか。

 

 

自律神経失調症で、口や喉の異常がありますが、

 

その時に呼吸器の異常も感じる場合が多いようです。

 

 

また、呼吸も私たちの意識とは別に、

 

無意識のうちに行っている動作ですから、

 

自律神経が働いている部分です。

 

 

もちろん、息苦しさやリラックスをするために、

 

意識して呼吸を調節することもありますが、

 

これも自律神経が大きく関わっています。

 

 

ですから、自律神経失調症になると、息苦しさや息切れ、

 

深呼吸ができないなどの様々な症状が現れます。

 

 

さらに、気管支喘息も自律神経の異常で起こる病気として知られていますから、

 

呼吸器と自律神経は、非常に密接な関係にあることがわかります。

 

 

その上、過呼吸症候群も、自律神経のバランスが崩れやすい人に多いと言われています。

 

過呼吸症候群は、意識がなくなるケースも多いので、注意が必要ですね。

 

 

普段からストレスを多く感じている人は、自律神経失調症の症状として、

 

呼吸苦を訴える傾向が強いとも言われています。

 

 

ただし、気管支喘息や過呼吸症候群などの原因が、

 

自律神経にあるわけではなく、呼吸苦も同様です。

 

 

呼吸の異常を感じたら、自律神経失調症はもちろんですが、

 

肺炎や気胸などの病気についても、きちんと調べておかなければなりません。

 

 

「呼吸器の異常=自律神経の働きが悪い」と考えるのではなく、

 

まずは他の病気が絡んでいないか、調べることが重要です。

 


FX