自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


耳の異常

 

自律神経失調症は、耳に異常が出ることがあります。

 

 

常に又はいきなり耳鳴りがする、雑音のような音が続く、

 

トンネルに入った時のような耳の閉塞感など、

 

個人差はありますが、症状があるようです。

 

 

私の場合は、めまいが酷くて大変でした。

 

耳の異常が、めまいに関係していると言うのも、

 

自律神経失調症にかかって初めて知りました。

 

 

私の中では、自律神経失調症は、

 

耳鳴りがするとばかり思っていましたから、

 

めまいが酷かった時には、メニエール症候群を疑ったほどです。

 

 

耳鼻科に受診して症状を相談すると、メニエール症候群かもと言われ、

 

治療をしたのですが、一向に改善されず、

 

最終判断として、自律神経失調症と言われたのです。

 

 

めまいと言うと、耳の病気を思い浮かべますが、

 

自律神経失調症は、様々な部分に症状が現れます。

 

 

特に、耳の場合には平衡感覚をつかさどる役割があるので、

 

自律神経のバランスが崩れると、めまいが起こるのは当たり前と言えます。

 

 

自律神経失調症の症状が酷くなると、

 

難聴の症状が現れるケースもあるので、

 

自律神経失調症を甘く見てはいけません。

 

 

そのままにしていると、

 

大変なことになる場合もあるからです。

 

 

耳の異常は、他の部分にも大きな影響を及ぼすので、

 

耳に症状が出ている場合には早めに受診して、

 

自律神経失調症かどうか、原因を特定させましょう。

 


FX