自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


口の異常

 

自律神経失調症では、口の異常も症状の一つです。

 

口の中が常に乾いていて、水分を補給しても全然解消されないことが多いのです。

 

 

しかも、唾液の量がかなり多くなるので、

 

とても気にする人も多いです。

 

 

唾液の量が増えることで、味覚異常を感じるケースもあって、

 

味付けが変わることで、口の異常がわかる場合もあります。

 

また、口内炎でもないのに、口の中が痛むケースもあります。

 

 

口の中の異常については、自律神経失調症とは違う病気を考えがちで、

 

代表的なものに糖尿病があります。

 

 

口の渇きは、糖尿病の特徴とも言えるので、

 

最初は糖尿病を疑うかもしれません。

 

 

ですが、自律神経失調症は、症状が一定していないので、

 

他の検査などをすれば、糖尿病でないことはすぐにわかります。

 

 

怖いのは、口の渇きや痛みを他の病気だと思いこんで、

 

自律神経失調症を省いてしまうことです。

 

 

治療を続けていても、なかなか効果が得られないと言うことになって、

 

最終段階で自律神経失調症だと、判明するケースも少なくありません。

 

 

また、口の渇きだけならたいしたことはないと思って、

 

自律神経失調症を疑わない人も多いので、自律神経失調症の症状には、

 

口の異常もあることは覚えておいた方が無難です。

 

 

自律神経失調症は、症状が一つではないので、

 

全身状態をよく把握した上で、受診するといいですね。

 


FX