自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


目の異常

 

自律神経失調症で、目の異常を訴える人もいます。

 

 

「自律神経は目にも作用しているの?」と驚くかもしれませんが、

 

神経ですからもちろんです。

 

 

自律神経失調症の目の異常とは、

 

目が乾く・疲れやすいと言った症状です。

 

 

最近は、パソコンを使う人がかなり多くなりましたから、

 

自律神経失調症でなくても、目が疲れる人は多いでしょう。

 

 

ですが、自律神経失調症にかかると、目の血行が悪くなりがちです。

 

目の血行が悪くなると、見えにくさやまぶしさを感じるようになります。

 

 

中には、ドライアイと言った眼の乾燥に悩む人もいるようです。

 

目が乾くと、涙を出して乾燥を修正しようとしますが、

 

自律神経に乱れが生じていると、それもうまくいきません。

 

 

目が乾く人もいれば、涙が出てばかりの人もいます。

 

つまり、目の環境がうまく整わなくなってしまうんですね。

 

 

普段からパソコンを使う時間が長い、

 

目を酷使している仕事をしている人などは、

 

自律神経失調症にかかると、目に異常を感じやすくなります。

 

 

目の血行を改善するには、瞬きの回数を増やす、目の運動をする、

 

目を休ませるなどがあり、軽度の自律神経失調症であれば、すぐに改善されます。

 

 

ですが、自律神経失調症とは限らない目の異常もありますから、自分勝手な判断はせずに、

 

症状が続く・気になると言った場合には、専門医に受診してみましょう。

 


FX