自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と似ている病気

 

自律神経失調症と似ている症状が出る病気は、いくつもあります。

 

 

実際に、自律神経失調症の患者さんが、

 

最初は全く違う病名を診断されるケースは、

 

私を含めて多いので、それだけ似ている病気があることになります。

 

 

私の場合は、眩暈や動悸、発汗などがあり、

 

なかなか治まらないために受診したところ、

 

年齢も関係していたのか、更年期障害と診断されました。

 

 

ちょうど閉経時期が近かったのと、

 

症状が似ていたので、診断されたのでしょう。

 

 

また、貧血でも眩暈や立ちくらみ、動悸は起こります。

 

食欲不振や胃もたれは、胃がんなどにも見られる症状です。

 

 

糖尿病には、喉の渇きや倦怠感がでることがありますから、

 

自律神経失調症と似ています。

 

 

気力低下は、うつ病とも似ていますし、

 

他の病気でも見られる症状です。

 

 

自律神経失調症は、最近注目されてきているので、ちょっとした症状で、

 

もしかしたら自律神経失調症かも?と考えてしまうケースも多くなっています。

 

 

自覚症状だけで、勝手に自律神経失調症かもしれないと判断するのは、

 

他の病気を見逃してしまうことになりますから、何らかの症状があれば、

 

まず受診することが重要です。

 

 

自律神経失調症は、たいした病気ではないから、そのままにしておいたら、

 

実は全く違う病気だった、と言うこともありますから、自分勝手な判断は禁物ですよ。

 


FX