自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と病院での診断基準

 

自律神経失調症は、症状や原因が特定しにくいので、

 

病院でも診断が難しいと言われています。

 

 

病院での診断基準は、

 

まず特定の病気が関係していないことです。

 

 

つまり、眩暈や頭痛があっても、

 

頭部などには何の異常もないことが前提となります。

 

 

そして、食欲不振や胃もたれがあった場合でも、

 

内臓に異常がないことが重要です。

 

 

原因や症状が特定されていないことで、初めて自律神経失調症かも、

 

と言うことになるので、病院に行ったからといって、

 

すぐに自律神経失調症と言う診断は、

 

下されないことを覚悟しておきましょう。

 

 

どちらかと言うと、専門医でない限り、まずは出ている症状を

 

どうやって改善させるのかをほとんどの病院は考えます。

 

 

そのために、数回通院して、どれも効果がない時に、

 

自律神経失調症を疑う傾向が強いのです。

 

 

それがいけないわけではありませんが、それだけ自律神経失調症は、

 

診断が難しい病気だと言うことがわかりますね。

 

 

自律神経失調症の専門医と言えば、心療内科が適していますが、

 

そこでも最初から自律神経失調症を疑ってかかるわけではありません。

 

 

ただ、心療内科には、自律神経失調症の診断マニュアルがありますから、

 

疑わしい場合には、受診して検査してもらうといいでしょう。

 

 

どちらにせよ、自律神経失調症と診断されるには、数回受診して、

 

色々な検査を受ける必要があると言うことですね。

 


FX