あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症で税金が免除もしくは減額されることはありますか?

 

自律神経失調症で、税金が免除される制度はありますよ。

 

自律神経失調症で、「働けない=収入がない」のですから、

 

税金を納めるのも難しい状態ですよね。

 

 

ただし、全額免除ではないと思います。

 

 

税金については、あなたが住んでいる地方自治体で、

 

どれくらいの免除を認めるのか、取り決めがありますから、

 

問い合わせてみるといいですね。

 

 

ですが、自分で「自律神経失調症です」と言ってみても、

 

誰も信用してはくれません。

 

 

お役所ならなおさらです。

 

 

そこで、自律神経失調症で働くことができないことを

 

証明しなければなりません。

 

それが「精神障害者保健福祉手帳」です。

 

 

精神障害者手帳を持っていると、

 

税金やそのほかの面でも、優遇される部分があります。

 

 

生活保護を受けている人もいますし、本当に困っている状態であれば、

 

こう言う制度を利用するのも大切かもしれません。

 

 

ただし、精神障害者手帳を取得するには、

 

精神科や診療内科の医師が、

 

診断書を提出する必要があります。

 

 

客観的に専門家が、自律神経失調症で精神障害が酷いと言う証明を、

 

受けなければならないのです。

 

 

提出書類に不備があれば、手帳交付にも時間がかかってしまいますから、

 

こうした制度を利用する際には、まず担当の医師や自治体の福祉課などに、

 

予め相談するといいのではないでしょうか。

 

 

まずは安心して、自律神経失調症の治療に専念したいですね。

 


FX