自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症で労災請求をすることはできますか?

 

労災請求ですか、これはちょっと難しいですね。

 

 

労災請求は、働いている時の怪我や事故などで、

 

その保証を求めるものですが、

 

自律神経失調症では、その証拠となる部分が弱いのです。

 

 

精神的な障害が顕著に出てしまった場合には、

 

その症状と関係のある業務を一定期間行っていたかどうかなど、

 

当てはまる項目があれば、労災請求も認められると言う法改正がありましたが、

 

それも難しいものがあります。

 

 

明らかに、あなたが自律神経にかかった理由が職場にあって、

 

どうしても労災請求をしたいと言うのであれば、まずは専門家に相談しましょう。

 

 

自律神経失調症が原因で、

 

労災請求をした例がないわけではありません。

 

 

年々こうした請求は増えていますが、

 

客観的にその証拠を探すためには、かなりの時間が必要です。

 

 

はっきりとした証拠が残っていれば、

 

補償は認められるかもしれませんが、

 

すぐに結果を求めるには、少々無理なようです。

 

 

また、裁判が長引けば、それだけ費用もかかりますから、

 

難しい点が多いのが現状です。

 

 

自律神経失調症を引き起こした原因が会社にあって、他に障害も出ているというのなら、

 

もしかしたら請求が認められるかもしれませんが、ここではなんとも言えません。

 

 

やはり、専門家の人にきちんと相談して、

 

可能であれば請求すると言う形が無難ですね。

 


FX