あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症で会社をやめる場合、失業保険はもらえますか?

 

自律神経失調症で退職すると言うことは、

 

働ける状態ではないと言うことになりますね。

 

 

失業保険は、「働ける環境にいながら働く場がない」ための保険ですから、

 

自律神経失調症で退職して、すぐにもらうことは不可能です。

 

 

しかも、退職の理由が病気となると、

 

おそらく自己都合による退職扱いとなっているはずです。

 

 

失業保険を受け取るには、何かとややこしいことが多いのです。

 

ただし、担当の医師が働くことができるとして、完治していると証明してくれれば、

 

求職活動を始め、失業保険も受け取ることは可能です。

 

 

もちろん、これは自己都合で退職後、

 

3ヶ月を経過していなければダメですが。

 

 

では、自律神経失調症で、

 

失業保険をもらうにはどうするか?と言うことですが、

 

これは、ひとまず退職後1ヶ月以内に、

 

失業保険の受給開始時期を延長する手続きを取るのです。

 

 

私は、自律神経失調症の時ではなく、

 

妊娠した時に、この延長手続きを取りました。

 

 

どのくらい延長可能かは、

 

その手続きの際に詳しく教えてもらえますから、

 

ハローワークの窓口で相談しましょう。

 

 

直接ハローワークに行く前に、

 

電話で問い合わせてみてもいいですよ。

 

 

自律神経失調症で退職し、失業保険がもらえない時期は、

 

そのかわりに傷病手当てが支給されますから、合わせて聞いてみるといいですね。

 


FX