あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症で退職する場合は、どんな手続きをすればいいですか?

 

自律神経失調症の場合、あまりに症状が酷くなってしまうと、

 

働くこともうまくいかなくなる恐れがあります。

 

 

医師によっては、退職を勧めるケースもあるでしょう。

 

 

自律神経失調症の原因が、

 

職場などのストレスであればそれはなおさらです。

 

 

休職届けを提出し治療をしてきたけれど、

 

なかなか改善せず、退職するケースもあります。

 

 

では、実際に自律神経失調症で退職する場合、

 

どのような手続きが必要でしょうか?

 

 

まず医師の診断書ですね。

 

 

自律神経失調症による退職と言うことで、

 

医師に診断書を書いてもらいます。

 

 

これはどんな内容にすればいいか、

 

ある程度本人の希望を重視してくれますから、

 

相談しておくといいでしょう。

 

 

あとは、あなたの勤めている会社の就業規則に従って、

 

決められた日時までに退職願を提出します。

 

 

いくら自律神経失調症による退職とは言え、

 

できるだけ円満に終わらせたいでしょうから、

 

お互いのルールは守りましょう。

 

 

勝手に退職することもできますが、

 

きちんとした手続きを取れば、退職金も支給されます。

 

 

別のページで詳しく説明しますが、

 

傷病手当金も手続き次第ではもらえるはずです。

 

 

何かの縁でお世話になった職場ですから、

 

たとえそこが自律神経失調症の原因でも、

 

社会人としての最低限のルールは守りましょう。

 

 

自律神経失調症の治療に専念するためにも、

 

スッキリさせておきたいことですね。

 


FX