自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症で休職することはできますか?

 

もちろん、できます。

 

 

職場によっては、自律神経失調症は病気ではないからと言って、

 

休職を許可しないところもあるかもしれませんが、

 

医師が書いた診断書を提出すれば、恐らく許可されるでしょう。

 

 

自律神経失調症が、まだ一般的ではなかった頃は、

 

症状が一定せず原因もわかりにくい自律神経失調症は、

 

単なる気の緩みとか甘えと考えられていました。

 

 

ですが、本人でさえどうしようもない症状を、

 

会社側が休職を許可しないことで悪化した場合、

 

それを会社がどう責任を取るかと言う点で、

 

今ではほとんどの会社が、自律神経失調症での休職を許可しています。

 

 

確かに、自律神経失調症で仕事を一定期間休むなんてことは、

 

実際の本人にも、とても辛いことです。

 

 

ですが、我慢しながら仕事をしていても、症状が良くなるどころか、

 

かえって悪化してしまうのは事実です。

 

 

キッパリと仕事のことは忘れて、治療に専念することが、

 

自律神経失調症を速く克服する最短の方法ではないでしょうか。

 

 

ただし、休職をしてしまったら、元の職場に戻れるのだろうか?

 

そんな不安はつきまといます。

 

 

ですから、自律神経失調症の治療で、休職を希望する時には、

 

復職後の仕事のことなどを、上司としっかりと相談しておきましょう。

 

 

できれば、自律神経失調症の治療を始めた頃から、

 

治療の進行状態を時々報告しておくといいかもしれませんね。

 


FX