自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と不眠症はどんな関係がありますか?

 

自律神経失調症と不眠は、あまり関係がないと思う人がいるかもしれませんが、

 

自律神経は、睡眠にも大きな役割を果たしているので、

 

そのバランスが崩れてしまう自律神経失調症は非常に厄介です。

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、

 

睡眠に関係している神経は、副交感神経です。

 

 

勉強や仕事など、日中に頑張っているのが交感神経で、

 

これから体を休めるぞ、となると副交感神経がその準備を始めます。

 

 

つまり、これから眠るぞと言う指令を、

 

しっかりと副交感神経に伝えておかなければ、

 

眠ることはできないのです。

 

 

ですから、眠る前にはリラックスをして、交感神経を休ませて、

 

副交感神経を働かせる準備が大切なのです。

 

 

ところが、ストレスなどで交感神経が緊張していると、

 

自分ではリラックスしているつもりでも、

 

実際にはそうでない状態が続いてしまいます。

 

 

すると横になって眼を閉じても、

 

なかなか眠れないという結果になってしまうのです。

 

 

それが続くと、今夜も眠れないと言うことが繰り返され、

 

結果的に不眠症に陥ってしまいます。

 

 

自律神経は、自分の意思とは無関係に働いているので、

 

緊張状態を自覚するのは、とても難しいのです。

 

 

ですから、緊張をほぐすと言うよりも、

 

ゆったりした気分で眠ると言うことを習慣にすると、

 

自律神経失調症の不眠症状は軽減できるのではないでしょうか。

 


FX