あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と起立性調節障害(OD)はどんな関係がありますか?

 

起立性調節障害と言うのは、

 

自律神経失調症の一つとも言われています。

 

 

朝起きた時に、血管の働きがうまくいかずに、

 

眩暈や立ちくらみなどを起こしてしまうのが特徴です。

 

 

座った姿勢からいきなり立ち上がった時や、

 

長い時間立ち続けている時も、

 

この起立性調節障害が起こります。

 

 

また、寝起きがあまりよくなく、

 

午前中はスッキリしないと言うのも、

 

起立性調節障害の特徴とも言えます。

 

 

つまり、自律神経失調症の循環器系の症状と考えていいでしょう。

 

 

起立性調節障害では、血管の働きが悪くなってしまうので、

 

全身の血液の流れが良くありません。

 

 

下半身に血液が溜まりやすく、

 

心臓に戻る血液が少なくなってしまうのです。

 

 

そして、脳へ送られる血液も、当然少なくなりますから、

 

眩暈や立ちくらみなどの症状が起こるわけです。

 

 

そして、最大の特徴は、起立性調節障害と言うのは、

 

小学校高学年から中学生に多くみられるということです。

 

 

また、女子のほうが男子に比べて症状が出やすく、

 

大人よりも子供の自律神経失調症の症状といっていいでしょう。

 

 

思春期の頃に、朝礼などで貧血や立ちくらみで倒れてしまう人がいるのは、

 

この起立性調節障害である可能性が高いのです。

 

 

起立性調節障害の治療としては、規則正しい生活習慣を身につけて、

 

自律神経の働きをできるだけ正常に近づけることが行われます。

 

 

体調を整えるだけで、症状が改善された例も少なくないので、

 

当てはまる人は、試してみましょう。

 


FX