自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と自律神経障害はどこが違うのでしょうか?

 

自律神経失調症と自律神経障害は、言葉がよく似ていますが、

 

これはつまり、自律神経障害の中に、自律神経失調症が含まれているのです。

 

 

○○障害と言うように、障害と付く場合には、

 

その色々な症状をまとめているのです。

 

 

自律神経障害は、自律神経失調症を始め、消化器神経症、

 

血管神経症、呼吸器神経症などが入っています。

 

 

また、自律神経失調症は、様々な原因で起こりますが、

 

疾患が原因で起こる場合にも、自律神経障害と呼ばれます。

 

 

例えば、糖尿病が原因で起こる自律神経障害は、尿が出にくくなる膀胱障害、

 

立ちくらみやめまい、温度に関係なく汗が急に吹き出る、便秘や下痢、

 

胃腸障害などもあります。

 

 

他の病気でも、主な症状の他に、

 

自律神経失調症と同様の症状があれば、

 

自律神経障害と診断されると思います。

 

 

この自律神経障害も、そのままにしておくと、精神症状が強くなって、

 

うつ病に移行してしまうケースもあります。

 

 

自律神経失調症よりも、疾患が絡んでいる分、

 

早目の治療が必要になります。

 

 

しかも、もともとの疾患の治療の

 

妨げになることもありますから、注意が必要です。

 

 

自律神経障害は、症状の出方に個人差が大きいので、

 

非常に厄介な病気とも言えますね。

 

 

自律神経失調症と言葉が似ているからと言って、

 

全く同じではないと言うことを覚えておきましょう。

 


FX