自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と統合失調症はどこが違うのでしょうか?

 

自律神経失調症と統合失調症は、

 

症状が似通っているものの、原因などは全く違います。

 

 

統合失調症と言うのは、以前は分裂症と呼ばれていました。

 

統合失調症と呼ばれるようになったのは、ごく最近のことですから、

 

聞きなれない言葉かもしれませんね。

 

 

統合失調症の場合、主に精神的な症状が強く出ます。

 

幻覚や幻聴、妄想や興奮などがかなり強く、

 

それが原因で拒食や感情傷害も目立ちます。

 

 

さらには、意欲低下や無関心、

 

自発性が低下してしまうなどの症状も出やすいのです。

 

 

自律神経失調症の症状でも、意欲低下などが起こりますが、

 

幻覚や幻聴までは、ほとんどありません。

 

 

脳の中の伝達物質であるドーパミンの分泌異常が原因で、

 

統合失調症は起こるのです。

 

 

自律神経失調症は、生活習慣の乱れや精神的なストレスなどによる、

 

自律神経の乱れが原因とされています。

 

 

つまり、自律神経失調症と統合失調症は、

 

原因となっている場所が、根本的に違っているのです。

 

 

そして、治療も統合失調症では精神科が主ですし、

 

自律神経失調症は心療内科や、神経科が主になります。

 

 

自律神経失調症の症状が、統合失調症に似ている部分もありますが、

 

時間を置いて症状を把握すると、自律神経失調症にはない症状が、

 

統合失調症では見られるようになります。

 

 

カウンセリングなどを行うと、

 

その症状の違いが、とてもよくわかるそうですよ。

 


FX