自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と神経症はどこが違うのでしょうか?

 

自律神経失調症と神経症は、これも「症」が付きますから、

 

症状の総称を指しています。

 

 

神経症は、正式名称を「神経性障害」と言って、

 

以前はノイローゼと言われていました。

 

 

最近では、このノイローゼにも様々なタイプがあると言うことで、

 

細かく分類されています。

 

 

自律神経失調症の中にも、神経症に似た症状が多いので、

 

この2つは、間違われやすい傾向にあります。

 

 

原因も精神的な問題が絡んでいる部分が多いのですが、

 

ではどこで違いを判断すればいいのでしょうか。

 

 

自律神経失調症の場合、ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れ、

 

心身ともに症状が出やすくなります。

 

 

神経症の場合には、日頃から不安感を強く感じている人が、

 

何らかのきっかけで、それが爆発して精神症状が強く現れます。

 

 

自律神経失調症も精神的な症状は現れますが、

 

神経症の場合には、そのほとんどが精神症状となるのです。

 

 

パニック障害や全般性不安障害など、

 

神経症の場合には、精神的な症状が大きな特徴です。

 

 

ですが、神経症にも動悸や頭痛、

 

めまいなどの身体的な症状も現れます。

 

 

その症状がさらに引き金となって、

 

不安感を増幅させてしまうのです。

 

 

簡単に言えば、不安や心配が引き金で症状が出るのが神経症で、

 

ストレスや身体的なものが原因で症状が出るのが自律神経失調症となります。

 

 

これも素人では判断が難しいですから、

 

やはりきちんと受診するべきですね。

 


FX