自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と心身症はどこが違うのでしょうか?

 

自律神経失調症と心身症は、どちらも「症」が付くことから、

 

病気ではなく、症状の総称と言うことがわかります。

 

 

しかも、自律神経失調症の症状は、心身症の症状とかなり似ているので、

 

医師の中では、自律神経失調症と心身症を同じ仲間として捉えている傾向にあるのです。

 

 

では、「違いはないの?」と言うことになりますが、ちゃんとあります。

 

 

自律神経失調症の場合、体に出る症状は、

 

全身の様々な部分に現れます。

 

しかもその症状は、出たり消えたりするのです。

 

 

心身症の体に出る症状は、比較的特定の所に集中します。

 

さらに、心身症の人は、あまり精神的なストレスを感じていないので、

 

体の不調を強く感じるのも特徴です。

 

 

検査をすると、内臓などに異常が見られるものと、

 

そうでないものとに分けられるのが心身症で、

 

検査をしても異常が見られないことがほとんどなのが、

 

自律神経失調症ですから、そういった点で見分けられることも多いようです。

 

 

心身症の場合、原因のほとんどが精神的なストレスですが、

 

自律神経失調症の場合、原因はストレスだけとは限りません。

 

 

しかも、心身症の人は、ストレスを自覚していない傾向があるので、

 

原因を特定するのに時間がかかるとも言われていますから、少々厄介です。

 

 

これは専門機関に受診して、

 

検査やカウンセリングなどではっきりするでしょう。

 


FX