自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症とうつ病はどこが違うのでしょうか?

 

自律神経失調症とうつ病は、どちらも精神的な症状が出ますから、

 

違いがよくわからない人も多いかもしれません。

 

 

自律神経失調症の精神症状が強まって、

 

結果的にうつ病に移行してしまう人もいますから、

 

密接な関係はあると言えます。

 

 

自律神経失調症もうつ病も、症状としては意欲の低下やイライラ感、

 

気分の落ち込みと言った精神的なものや、

 

不眠や頭痛、頭重などの身体的な症状が特徴です。

 

 

ですが、うつ病の場合には、この症状が出る時間帯が決まっています。

 

必ずではありませんが、一日のうちで症状の変化があるのです。

 

 

例えば、朝は、気分の落ち込みがずっと続きます。

 

それがお昼ごろから夕方になると少しずつ気持ちが落ち着き、夜は眠れない、

 

と言ったように、時間と共に変化していきます。

 

 

自律神経失調症の精神的な症状は、

 

1日の中で変動はあまりありませんから、

 

そこが自律神経失調症とうつ病の大きな違いと言えるでしょう。

 

 

かといって、基本的に素人の人が自律神経失調症と鬱病を見分けることは、

 

非常に難しいと思います。

 

 

カウンセリングなどを受けて、症状と精神状態を専門家が把握し、

 

うつ病であるかどうかはわかるのではないでしょうか。

 

 

最初は自律神経失調症だったのに、何の対策も取らないことで、

 

うつ病になってしまうケースは、最近増えてきていますから、

 

たかが自律神経失調症だと甘く考えずに、早めに受診することが大切です。

 


FX