自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症とパニック障害はどこが違うのでしょうか?

 

自律神経失調症とパニック障害もよく似た症状が上げられます。

 

症状は似ていますが、一番の違いは自律神経失調症は様々な症状の総称で、

 

パニック障害はれっきとした病名だと言うことです。

 

 

自律神経失調症の中にも、パニック発作という症状はありますし、

 

自律神経失調症が原因で、パニック障害になってしまう人もいますから、

 

全く無関係と言うことはありません。

 

 

自律神経失調症が、パニック障害の引き金になるケースは、意外に多いのです。

 

 

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れて、眩暈や動悸、

 

息切れや頭痛などの症状が起こりますが、パニック障害も症状は似ています。

 

 

ただし、パニック障害は、脳の中で、

 

「この状態が続けば死んでしまうかもしれない」という恐怖感が、

 

症状をより悪化させて、その経験が強く脳に残ります。

 

 

そして、似たような状況に陥ると、

 

同じ症状が繰り返されていくのです。

 

 

例えば、電車に乗っているときに、

 

パニック障害の過呼吸発作などを起こしたとします。

 

 

すると、次に電車に乗った時に、

 

「また発作が起こって息ができなくなるかも」と言う恐怖感が、

 

さらに強い発作を繰り返す原因となるのです。

 

 

精神的なダメージと、身体的な症状が一気に出るために、

 

薬物治療だけでは、改善がなかなか難しい病気です。

 

 

自律神経失調症とは、細かな点で違いがあることがわかりますね。

 


FX