自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症に使われる薬の副作用は何ですか?

 

自律神経失調症の治療で、薬を使っている人も多いと思います。

 

心配なのは、薬による副作用ですね。

 

 

特に、自律神経失調症の薬物療法は、長期に渡るケースが多いので、

 

できるだけ副作用の少ないものを選びたいと考える人も増えてきています。

 

 

自律神経失調症で眩暈や頭痛がある人は、

 

血流を促す働きがある薬が使われますが、

 

これらの副作用としては、眠気や食欲不振、発疹などがあります。

 

 

また、精神的に落ち着かせる薬を使う場合には、

 

眠気やふらつき、食欲不振などがあげられます。

 

 

精神を安定させる薬には、

 

頭痛や頭重が副作用として出る場合もあります。

 

ぼ〜っとする、フラつきを感じる人もいるようです。

 

 

その他にも、薬によっては

 

吐き気や眩暈が副作用として表れることもあります。

 

 

自律神経失調症の治療で、できるだけ副作用が少ない薬を

 

希望する場合には、漢方薬もお勧めです。

 

 

漢方薬は、もともと副作用が少なく、

 

その人にあった処方を細かくできるので、

 

副作用が出る可能性はかなり低いでしょう。

 

 

ただし、漢方薬は、効き目が現れるまでに時間が必要です。

 

即効性を求めるなら、漢方薬は不向きかもしれません。

 

 

自律神経失調症で、どの薬を使うかは、担当の医師とよく相談し、

 

合わないと感じたら、すぐに受診しましょう。

 

 

副作用が新たな病気をもたらすこともありますから、

 

薬を使っている時は、我慢してはダメですよ。

 


FX